辺塚に行きたい6


トサカノリ
お婆ちゃんが採っていたのはトサカノリの一種です波打ち際にうち寄せる物を竹の棒で引っかけるのですが、お婆ちゃんの足元がおぼつかない、いくつかなあ家の母よりずっと上の感じ、竹も細くて曲がっているし。


反省
家内はアマオブネしか居なかったと渡し、拾ったトサカノリをお婆ちゃんにあげようとしたら、お婆ちゃんは持って行きなさいと自分の物を持ってきます。流石の無遠慮中里屋も これは出来ない、断るけど、こうして食べるんだよ、何処から来たのと あげく新婚さんでしょうと言われ、嬉しいやら切ないやら、仕方なく 半分残して頂きました有り難い、申し訳ない。
次の港へ出発しました。


間泊港外港
少し大きな港です、車を港の奥に突っ込んで、左の堤防に上がると外洋が見えます、養殖筏が見えています、 養殖なのかそれともこちらで盛んな定置網に掛かった獲物の保管場所なのか。内之浦ではフグの養殖を最初に手掛けたのだという話を思い出します。


辺塚方面
そこから左を眺めるとこんな風景 岩場には蘇鉄やビロウが自生しています、でもこの手前岩場で燃やした 船具の数々、こうして少しずつ・・とか思ってしまう。


港の中
漁師さんが誰かと大きな声で話をしています、上から見てるのに気付かずに、誰と話してるんだろう?独り言かと思ったら、船の下に潜っています、後で知ったのですが、このあたりは潜りの漁が盛んなんだそうです、道理でサザエが沢山有ったはずです。
漁から帰ってきた漁師さんに船の底の付着物の状態を見て貰って居たのです。


エビ刺し網
今は休漁期に入っているのか使っている様子が有りません、そばにはトゲトサカの欠片が沢山 有ったので、コダマウミウサギを探しますが有りません、新型の蛸壺も 有りましたが、もぬけの空、家内は何かちいさな貝を拾っています。   




バックはクビレマツカワガイです。