収穫8バイカゴの選別




ある日ふらりと吹き上げ浜。
漁師さん夫婦がバイカゴに入った貝を選別中でした、これはグッドタイミング!早速採集開始です。


世間話色々。
昔採れたツキヒ貝の話やバイの話をしながら ミクリガイの中を目で追います、本来この漁はバイを獲るのが目的でしたが、近年めっきり採れなくなり、替わりに今まで外道だったミクリガイが主役に取って代わりました。


選別前の物。
オリイレボラやタテゴトオリイレボラ、イトマキボラの小さな物、 フデガイの仲間、キンシバイ、ヨウバイ、アラレガイ等餌の魚に釣られて来ますから生きた物ばかりです、これに稀にアカトクサが入りますが普通のトクサバイなら沢山有ります。いくらでも持っていってもいいよと言ってくれました、ミクリガイも自家用に少し買いました。


水深はせいぜい20m。
小さい頃は父の船で一緒に籠を漬けに行く物でした。
ミクリガイは涎を垂らすのでこちらではヨダレベと呼び美味しいので飲み屋の肴に出てきます、シマアラレミクリは志布志の方に多く少し高級品、殻の色や模様は色々な物が有ります。


久しぶりのイタヤガイ
この種類は好きな人が多いので写してみました。
中身と殻の白のコントラストが綺麗です、美味しそうですね、30年前まではツキヒ貝と共にハナイタヤ、シナイタヤ等普通に捕れる物でしたが最近は普通のイタヤガイにもなかなか逢えない状態です。


バックは烏帽子ガイ(フジツボの仲間)です。