MARINE ROOM
−吹上浜−-故郷の海−

用事がありその帰り久しぶりにミクリガイの選別をしていた浜に立ち寄りました、漁師さんの姿はなく、丁度大潮で 浜が沖まで引くところです。天気は良いけれど淡い霞が掛かり、野間岳 も心持ちかすんで見えます。マンガの吹き出しが有れば右の方にガガガと、音が入る所、堤防の改修工事らしくコンプレッサーやブレーカーが うなりを上げます。浜にはウミガメならぬ鉄の亀のはい回った後が全面に有ります。 重機で踏みならして居ます、何をするのだろう?うち寄せていたゴミの 処分をしたのでしょうか、綺麗にはなっています。




波打ち際に歩いていくと、久しぶりに貝殻がぽつんぽつんと有ります。大半が古いクイチガイサルボウ、新しい物はバカガイばかり、それでもこんな風に落ちていれば、夏休みの宿題に子供達が拾えるのになと、つい思うほど近頃は打ち上げる貝が少ない。 昔は1日1種ずつ拾えば360種必ず集められると教えられた浜だったのに、此処はそうじゃ無かったけれど、照島のテトラが入った所は 砂を5cm掘ると泥の層が出てきますよ、試して見て下さい、信じられない事実です、今年の初め、ナミノコガイを見に行き気付きました、地元の伯父さんが貝を掘りながら、昔はこんなのは無かった・・・そうだよねひどいもんだと話しました。




ナミノコガイには忘れられない思い出が有ります、父は鮪船に乗っていて家には居ない人でした、母は家でトコロテンを作って毎日担いで売りに出かけます、殆ど遊んでは貰えません、年に2回位貝掘りに行こうと出かけます、嬉しくてたまらないのですが、何故か行くと満ち潮、採れる貝と言えばナミノコしか有りません、それでも嬉しくて籠にいっぱいになるまで頑張ります、ナミノコは潮が寄せる時は波に身をゆだね、引いた瞬間にむっくりと 舌(足)を出し。次の潮が来るか来ないうちに素早くきゅきゅきゅと砂に潜ります、それを潮と競争するように拾うのです。近年になりそれを思うに、母は余裕が無い中で、確実に夕飯の出汁になるナミノコを獲りに 行っていたのだと気が付きました。物知りの母が潮の時間を間違える 筈は無いのです。






貝を掘っている人が4人居ます、割合浜の上の方を掘っているので、ナミノコかなと近付いて見ると、此処には沢山おるとかこそこそ話しています。何が採れますか〜と駆け寄りバケツを覗くと、オキアサリとコタマガイでした。



バックは単体珊瑚の骨格です。