イザリウオ提灯
作り方。
イザリウオだけじゃなく、何でも 作れます、正式な作り方は有るのでしょうが、遊びで簡単に作れる方法です、まずお腹を切り開きそこから破らないように皮を剥き、この時調理ハサミが便利です、ヒレの部分は内側で骨を切ります。目は廻りを破かないように取り除き、皮だけになったら糸でお腹を縫い合わせ。 乾いた砂を口から入れます、形を整え日陰で干して、いい天気の時なら 20〜30分若しくは10分くらいで砂を入れ替えると、ちゃんと乾きます、ヒレまで十分乾いたら、砂を掃除、スプレーラッカー透明を離れた所からシュ〜ッ。はい出来上がり。目にはスガイの蓋などを張り付けます、フィリピンの土産物をヒントに作ってみました。乾いた海の砂を 使うのがポイントです。専門の剥製は又全然別の話。奄美などでモンガラなどを料理しながら遊んで作るのです。




ふぐ提灯

シークレットで潜っていたら上目使いの丸いフグ発見、おぉこの種類は子供の頃川と海の交わるところで時々見つけたあいつの親戚だ。 この手は普段から丸くて小さな尻尾をぴょこぴょこ動かし泳ぎがのろいので素手で直ぐ捕まえる事が出来る、そして一番の特徴は怒らすと凄く膨らむって事。 ハリセンボンもよく膨らむけれどまん丸になる程度、でもこいつはそれ以上に膨らむので可愛いし面白い。特に小さい奴は4倍にもなる。 名前を調べようと探したけど今一解らない、モヨウフグってのが近いと思った、また子供の頃見ていた奴はもっと黒かった、これは茶緑色。 昨年60cm超のイシガキフグで提灯を作ろうと持ち込んだのに忙しくて出来ず腐らしたので今回は即実行。
案の定面白おかしく出来ました。





前に作ったイザリウオと揃い踏み。二匹でヤッホーと叫んでいる様子。
イザリが「ヤッ」フグが「ホー」




バックはホウズキチョウチンガイです。